バスオイルにも使える

ココナッツミルクを料理に入れてみたり、タピオカなどと一緒に飲んでみたり…。ココナッツオイルの場合はトーストに塗ったり、コーヒーに入れるなど、人によってココナッツ系の食品の使い方がありますよね。ココナッツオイルはバスオイル代わりに使うこともできるんですよ。ラウリン酸の抗炎症作用や肌になじみ、ビタミンEなども入っているので、入浴後の肌がツヤツヤになるんだそうです。ココナッツミルクを使う方法もありますよ。

肌のケアやメイク落としに

ココナッツミルクやオイル、ウォーターなどは独特の味なので肌やダイエットに良くても食べにくい…という人がいても仕方ないかも。でも「せっかくのココナッツの恩恵を受けられないの?」と思う必要はありません。美容目的なら直接肌に塗ってしまえばいいのです。ココナッツミルクとオイルはメイク落としに使うことができるんですよ。ココナッツオイルは肌の乾燥予防に使っている人も結構いますよね。肌にも優しくておすすめです。

髪の毛のパックにも!

髪の毛のパサつきが気になる場合にも、ココナッツオイルなどでヘアパックをしてみてはどうでしょうか。シャンプー前に人肌に温めてから、毛先などにココナッツオイルを馴染ませるだけです。馴染ませる時間は30分もあればいいでしょう。ヘアパックが終わってからシャンプーで洗い流してくださいね。ココナッツミルクを使う場合もほぼ同じような方法で結構です。お風呂やヘアパック、メイク落としなど全身のケアに利用できるのは大きいですね。

品川美容外科の訴訟について詳しく